ベントレー・フライングスパーの完成&JAWBONE体験記

Update:2008年10月06日 (月) 19時16分53秒

1ヶ月の期間を要した「BENTLEY Continental Flying Spur」
今回新たに導入されたTRIGGERの新技術、「リア席専用電子ボリューム」。フライングスパーはリアが広いのでオーナーはリアに座る事が多い。そこで!リアで映像を楽しむ場合必要となるのがスピーカーのボリュームコントロール。
今回のシステムでは純正オーディオの音量をデジタルCANシステムごと解析、電子ボリュームをそのままリアの専用ツマミで操作できるようにしました。

これが、新開発のボリューム。シガーライター部分にボリュームのダイヤルが付きます。

くる〜と回せば自由に車内の音量をコントロールできます。

今回のフライングスパーは前席全てにモニターを搭載。最高クラスの仕様となりました。




今日、念願の「JAWBONE」が3台到着。
最新テクノロジーにより騒音の場所でもノイズを消してクリアーに通話可能な最高級「ハンズフリーヘッドセット」を早速分解。(※分解するのはいつもの儀式)
中身を見て感動・・・・テクノロジーを感じました♪
さすが海外製、箱がカッコイイ♪

分解写真

早速、耳に入れ電話をする・・「プルルル〜〜〜」
レッドホットカンパニー 山田社長にテスト電話。・・・かなりクリアーに通話できます。
感動・・・・今までのはもう使えないですね
山田さんも買ってました(笑)
バッテリーは待ち受け8日間と書いてありました。





 

現在の位置:ホーム / 店舗情報 / トリガーのスタッフ日記 / ベントレー・フライングスパーの完成&JAWBONE体験記