【恐怖シリーズ】 輸入車要注意!バッテリー上がり時、チャージトラブルの恐怖!

Last Update:2009年04月07日 (火) 20時58分42秒

知ってますか? 「サージ」とういう言葉?

バッテリーが低下してエンジンがかからない時など、外部電源などでケーブルでエンジンを始動したことはありませんか?

これがトラブルの原因となります。
国産車はさほど問題になりませんが、対象となる車は殆どが「輸入車」なのです。ここで問題となるのが「サージ」です。サージとはバッテリーに繋ぐ時にスパークが起こりますが、与える電流・電圧と空になったバッテリーの内部抵抗の差により起こります。
トラブルの内容は、あらゆる電装品が壊れます。主に壊れるのはエンジンコンピューター。有害な電流により破壊され、エンジン始動などが不能となり、交換する以外方法はありません。輸入車などのコンピューター交換は数十万かかりますので、気軽に市販の充電器などをつないでエンジンを始動させないべきです。

外部電源を接続して、一番トラブルになる車種は・・
F360以降発売された「フェラーリー全車種」と「BMW」、「メルセデスベンツ」、「アストンマーティン」などなどです。

当店にも同業者から同じ理由でコンピューターを飛ばしてしまったとの相談をいままで数多く聞きました・・
フェラーリー・ベンツなどは一度、破損すれば数十万〜百万まで必要になる場合もありまます(恐)

そこで、紹介するのが完全「プロ用」のポータブルエンジンスターター・AX-680SZ 価格:103,000円
航空機・宇宙開発用バッテリー技術を駆使した最高級バッテリーを発売する「アクソンデーターマシン」より発売されています。
電位差により発生するサージを除去する為の機能が付いており、あらゆる車種のバッテリー始動に対応、ロードサービス最大手「J○F」も使用するプロ向け業務用モデル。

詳しくはこちらのサイトで知ることができます「アクソンデーターマシンWEBサイト」

持ってないプロショップは導入を急ぐべきです・・

もちろん、ユーザーの方で欲しいと思う方はTRIGGERで販売も可能です。是非、お問い合わせ下さい。

ウルトラブースター AX-680SZ 価格:103,000円



 

現在の位置:ホーム / 店舗情報 / トリガーのスタッフ日記 / 【恐怖シリーズ】 輸入車要注意!バッテリー上がり時、チャージトラブルの恐怖!