〜2018' メルセデスベンツML サンルーフ開閉スイッチ修理方法〜〜〜

Update:2017年10月19日 (木) 17時13分57秒

お客様のお車です、

今年購入したばかりのMLですが、サンルーフスイッチが壊れて開閉できないとのことで修理依頼いただきました〜

ディーラーに依頼するとパネルアッセンブリ交換で約80,000円とのこと!しかも定期的に壊れる恐れもあるとか・・・





分解すると原因がわかりました。

スイッチは両サイドに〇型の爪が四か所あり、開閉するときの力加減で爪の1個が破損するだけでバランスを失いスライドしなくなるようです、

確かに樹脂一体成型では爪がはじめに破損しますね〜


今回の修理は破損した爪と反対側の爪も綺麗に切断して、そこへ水平に2.3?oの穴を開けます(左右水平に穴あけするのは大変な技術が必要)

そこへ用意した2.3?o×9?oの金属棒を2本用意して両サイドに差込みます。

穴も棒も同じ2.3?oですの樹脂の摩擦に任して固定される計算です。








スイッチを取り出す際、スプリングが飛んでどっかいっちゃいますのでご注意を



完成後は爪が金属になりますので耐久性もあがるかと思われます。



 

現在の位置:ホーム / 店舗情報 / トリガーのスタッフ日記 / 〜2018' メルセデスベンツML サンルーフ開閉スイッチ修理方法〜〜〜