2018'ジャガーeペース スピーカー交換&DSPアンプ追加で音質UP

Last Update:2018年10月21日 (日) 15時22分28秒

ジャガーeペースの純正オーディオは様々メディアを経由しているためか音の質はは昔のシンプルカーオーディオに比べて鮮度が落ちぎみな感じに聴こえます。




そこでフロントドアのスピーカーをJBL 2wayセパレート(CLUB5000C)へ交換してみました。
サイズは純正が16?pに対して13?pです。

音に鮮度を上げるため








ドアパネルには3Wayが装着できるようにMIDレンジ用の開口部もありますが、今回はダミーでした・・・






最終的にサウンドを決めるDSPデジタルネットワークを運転席下へ
TR-DSP300は4chアンプ内蔵のデジタルDSPネットワークで各スピーカーのゲイン、スピーカー個別の位相・タイムアライメントが行え、イコライザーもフロント・リア独立です。





最近の純正オーディオはアンプ付きでDSP・タイムアライメントは初めから搭載されている場合も多く、取付けられるDSPアンプも限定されてきました。


 

現在の位置:ホーム / 店舗情報 / トリガーのスタッフ日記 / 2018'ジャガーeペース スピーカー交換&DSPアンプ追加で音質UP