TRIGGER

名古屋のカーオーディオ&カーナビプロショップ【トリガー】

スタッフブログSTAFFBLOG

2022’TOYOTAハリアー「JBLサウンドシステムを劇的に高音質化」!「スピーカー+DSP」




何かと不評な音質?「JBL純正サウンドシステム」 ハリアー、アルファードに純正採用されているプレミアムサウンドなのですが、音質的には・・

JBLサウンドシステムの音質向上でのご来店が増えています。

今回は2022’ハリアーのJBLサウンドを劇的改良していきます


基本はスピーカー交換。
トリガーサウンドプラン2022’からFOCAL 2way に交換



デットニング・スピーカー交換
純正JBLはフロント3way 構成ですが、あえて2way にします



AピラーのJBL ツイーターはカット。(切断)使用しません


ミッドレンジ部にFOCAL ツイーターを入れます



リアドアスピーカー・リアサブウーファーは純正JBL をそのまま使用します


純正アンプ



ここから肝心のDSPアンプへ
純正パワーアンプはリア左サイドパネルにありました~。マルチ駆動のためスピーカーへの配線も多く、DSPアンプに接続していくのはかなり時間がかかりそうです。

【アンプ出力】
FL(HI)ツイーター / FR(HI)ツイーター
FL(MID)ダッシュ/FR(MID)ダッシュ
FL(LOW)Fドア/FR(LOW)Fドア

RL(FULL)Rドア/RR(FULL)Rドア

SW(LOW)ダブルボイスコイル

以上、リアドア以外の全ての信号をDSPに接続。フロント3wayの信号を合成してフルレンジを生成後、リアドア用フロント2way用サブウーファー用へクロスポイントを設定してサウンドを構築していきます。

アンプは4ch-in / 8ch-out のTR-DSP600 さらにバージョンアップしてパワフルです




最後のバランス調整(サウンド調整)は3way合成とクロスオーバーポイントが確かであれば、さほどなイコライジングをしなくてもかなりいい音してます!
低域が出すぎなくらい・・

やはり純正3wayよりもFOCAL 2wayが勝る結果でした













検索

アーカイブ

お問い合わせはこちら